Loading

ブログ

特許の申請は代行するべきか自分でするべきか メリットデメリットを解説

特許の申請は代行するべきか自分でするべきか メリットデメリットを解説

  特許の出願ってどうやってやるの?という疑問を持ったことがある人もいると思います。   特許出願は本人が直接特許庁に対して行うことも可能ですが、多くの場合に特許事務所を使って出願が行われています。   今回は特許出願を特許事務所に代行してやってもらうことと、自分でやる場合とでどんなメリット・デメリットがあるかを解説していきます。  

特許事務所に代行してもらうメリット・デメリット

特許事務所に特許出願を代行してやってもらうことには多くのメリットがあります。メリットの方が多いので代行がおすすめと言えますが、メリットとデメリットについて書いていきます。  

メリット:特許の専門知識があって安心 権利化までの適切な対応に期待

特許を取得するまでにはまず、明細書を作成し、その後に出願をすることになります。そして特許庁からの拒絶理由に対しての適切な対応を行って権利が認められたらやっと特許を取得することができます。   これらの具体的な手続きと、それぞれの段階での適切な対応方法を理解している人というのは、企業なら知財部員くらいにほぼ絞られてしまうと思います。   技術者でそこまで知ってる人というと、かなり限られた人材になってきます。   知財の専門知識をしっかりと習得した人材を揃えた上に、出願システムまで自分で持っている企業というのはなかなか無いので、専門知識を持った弁理士がいる特許事務所に出願を依頼するのが一番効率も良く、特許取得への近道になると言って良いでしょう。   明細書に十分な内容を書いていなかったり、拒絶理由対応で誤った対応をしたことで、本来なら取得できてた特許が取れなかったということがあったら大きな損失になってしまいます。   しかも、その失敗に気づけるのは特許の出願から数年後ということになってしまいます。そこからのやり直しというのは効かないということから考えても、適切な出願準備と途中対応は事業を上手くすすめるためにもプロにサポートしてもらうというのは大きなメリットであると言えます。  

デメリット:費用が高くなる

特許事務所に特許の出願の代行をお願いすると、特許庁に払う料金の他に手数料を特許事務所に払う必要が出てくるので特許にかかる金額が高くなってしまうことがデメリットと言えるでしょう。   しかし、上手く出願することと適切な手続きをする事が任せられるのなら、それらを自分でやる労力を考えるとプロに任せてしまった方が安心だと言えると思います。  

自分で出願するメリット・デメリット

自分で特許に関する手続きを行うメリット・デメリットについて書いていきます。  

メリット:コストが安くなる

自分で出願等の特許に関する手続きを行う場合には特許庁に払う料金だけで済むため、特許にかかるコストを抑えることができます。   ただし、適切な手続きや対応をしないと特許を取れないことにも繋がりかねないため、自分もしくは社員がかなり勉強しなければいけないことになります。  

デメリット:労力がかかりリスクも増える

  適切な特許手続きをするためには特許に関する正しい知識が必要になります。   社内に弁理士資格を持っている人がいるなら良いですが、企業の知財部でも弁理士がいないということは多くあります。   十分なスキルをつけるために勉強しようとなるとかなりの労力がかかってしまうため、あまり現実的ではないと言えるでしょう。   また、自社で全部をやろうとするとどこかで必要な対応が抜けてしまう可能性もあり、それが原因で特許を取れないというような事態になったら、それまでかけた時間もコストも無駄になってしまう可能性が出てきてしまいます。   また、期限管理も特許管理に必要になってくるので、これを社内でやるか社外に任せるかでは担当者の負担も大きく変わってきてしまいます。  

まとめ

特許関連手続きを特許事務所に代行してもらう場合と、自分でやる場合のメリット・デメリットを挙げさせていただきましたが、トータルで見た場合やはり特許事務所に代行してもらう事が一番良いと思います。   特許のことはプロに任せることで、より効率良くリスクを減らして特許に関わっていく事ができるので、社内の負担を減らして最大限の効果を得るためにも出願手続きは特許事務所にという方向で検討してみてはいかがでしょうか?    

PAGE TOP