Loading

早く特許をとりたい

「早く特許をとりたい」ときは、「早期審査」を利用できます!

calender-e1379392758209特許をとるためには、特許庁の審査官に審査してもらう必要があります。具体的には、特許庁に「審査請求書」を提出します。ところが、特許庁の審査官も忙しいため、「審査請求書」を提出しても1年以上は審査されずに待たされることになります。

そこで、特許庁は「早期審査」という制度を用意しています。「早期審査」を利用すれば、審査の待ち期間が「約1.9ヶ月」に短縮されます!

ただし、下記の(1)~(6)の出願のみが対象になります。

早期審査の対象になる出願

(1)実施関連出願
(2)外国関連出願
(3)中小企業、個人、大学、公的研究機関等の出願
(4)グリーン関連出願
(5)震災復興支援関連出願
(6)アジア拠点化推進法関連出願

中堅企業様・個人事業主様は(3)を満たすため、早期審査を利用できます!

PAGE TOP