Loading

ゴールドプラン30万円

ゴールドプラン

ゴールドプラン
出願手数料30万円

ゴールドプランは、特許出願(申請)の前に先行技術調査を綿密に行うことで、審査で拒絶されるリスクを低くするプランです。さらに、発明をまとめきれない場合やまとめ方がわからない場合に、弁理士と綿密に打ち合わせるプランです。

出願前の先行技術調査を綿密に行って、先行技術のレベルを知ることで、拒絶理由通知の内容をある程度は予測できます。想定よりも先行技術のレベルが高ければ、より狭い範囲での権利化を狙うことになります。一方、想定よりも先行技術のレベルが低ければ、より広い範囲での権利化を狙うことも可能となります。

ゴールドプランでは、特許出願の前に綿密に先行技術調査を行い、クライアントの皆様に調査結果をご報告いたします。そして、調査結果に基づいて、特許明細書(申請書類)を作成します。このように、先行技術調査によって従来から存在する技術を知ったうえで特許明細書(申請書類)を作成することで、適切な範囲での権利化を狙うことができます。さらに、クライアントの皆様にとっても、納得感を得やすいプランです。

serviceB

  • *1 産業競争力強化法に基づく1/3の減免が適用された場合。
  • *2 拒絶理由通知は2回通知される場合があります。
  • *3 別途、成功謝金90,000円をいただきます。

ゴールドプランのメリット

ゴールドプランは、先行技術調査を綿密に行ったうえで、特許明細書(申請書類)を作成いたします。特許権をどうしてもとりたい!権利化の可能性を高めたい!お客様向けのプランです。

PAGE TOP