Loading

ブログ

3時間の打ち合わせ

本日、クライアントと明細書の修正について打ち合わせしました。

私(上村)の担当ではなかったので、私は近くで仕事しているだけでしたが・・・。

クライアントとから、明細書の内容について次々と質問がありました。

一つの明細書にざっと3時間。かなり長めの打ち合わせです。

打ち合わせ後、担当の相棒(帯包)はずいぶんと疲れているように見えましたが、

「完成度の高い明細書が書ける!」と自信を持って言っていました。

もちろん、明細書は特許事務所サイドで作成するものですが、

クライアントから明細書の案についてご質問・ご指摘をどんどん言っていただけると、

より良い明細書が書けると思います。

 

関連記事

  1. 特許法の改正について
  2. 特許管理ソフト
  3. 農林水産省の「戦略的知的財産活用マニュアル」について
  4. erigenki02 エリ元気
  5. 弁理士の喜び
  6. 日本のプラクティス
  7. PCT出願料変更
  8. スラップスケート
PAGE TOP