Loading

ブログ

農林水産省の「戦略的知的財産活用マニュアル」について

先日、農作物の栽培方法に関する特許相談がありました。

もちろん、農作物の栽培方法についても特許を取得できる可能性はあります。

しかし、特許は出願から1年6月後に公開されてしまいます。

公開されれば、誰でもその技術を見ることができるようになってしまうのです。

農作物の場合は、特許取得するよりも、

商標などにより農作物ブランドの保護を図る方が、有効な場合もあります。

農林水産省のHPに、「戦略的知的財産活用マニュアル」があります。

このマニュアル、わかりやすいです。

興味のある方はご一読をお勧めします。

http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/sosyutu/140407.html

 

関連記事

  1. 3時間の打ち合わせ
  2. erigenki02 エリ元気
  3. PCT出願
  4. 日本のプラクティス
  5. 意見書・補正書の作成を代行します。
  6. 特許法の改正について
  7. スラップスケート
  8. 弁理士の喜び
PAGE TOP