Loading

ブログ

知財部マネージャー

先日、一部上場企業の知的財産部のマネージャーをしている弁理士と会いました。

彼とは昔から仲良くさせていただいているのですが、企業の視点(出願人の視点)で、どんな特許事務所は評価が高いか、率直に聞いてみました。 彼によると、メールをしたときに簡単でいいので、すぐにレスポンスがある事務所は好感がもてるそうです。 まぁ、当たり前のことですが、意外にもレスポンスが遅い事務所が世の中には結構あるのでしょうか・・・ パテントボックスでは、最低限のマナーとして、早いレスポンスをこころがけるようにしたいと思います。

それと、マネージャーといえども、セカンドオピニオン的なコメントをもらいたい時もあるらしく、 その時に気楽に相談できる弁理士がいれば心強いと言っていました。 普段からのコミュニケーションを密にとり、クライアントから頼られる特許事務所になれるよう、頑張ります。

今回のお話は、我々新興特許事務所にとって、非常にありがたいものでした。 しかし、それ以上に、彼といつでも相談できる仲になれたのは、私の人生の奇跡としか言いようがありません。 これからもこの人間関係を大切にしたいと思います。

関連記事

  1. 焼ししゃも
  2. 海外からの送金
  3. Good-bye KAGAWA
  4. MyIPO 東南アジア視察
  5. 御礼
  6. ETC
  7. 筑波、近い!
  8. ホームページの更新頻度が多い点についての言い訳
PAGE TOP