Loading

ブログ

セミナーを聴講してきました!

ご無沙汰しております。オビです。

1月15日に知財高裁の所長の飯村敏明判事のセミナーを聴講してきました。テーマは「最近の知的財産訴訟について」です。

最近の事件について触れつつ、審査基準や進歩性の判断などについて解説されていました。印象に残った点を1つ。知財高裁の中で弁理士の訴訟活動についてアンケートをとったようです。

アンケートでは、不適切な点として「相手の主張に過剰に反応し、争点でない細部を長々と論じ、相手もそれに応じる例。クライアントの希望があったとしても、訴訟専門家として、不要であると説明すべき。」というのがありました。

訴訟とは異なりますが、特許庁の審査にも同様のことが言えますね。気をつけたいと思います。

関連記事

  1. 弁理士の喜び
  2. PCT出願料変更
  3. 意見書・補正書の作成を代行します。
  4. erigenki02 エリ元気
  5. 日本のプラクティス
  6. 特許管理ソフト
  7. 農林水産省の「戦略的知的財産活用マニュアル」について
  8. 特許法の改正について
PAGE TOP