Loading

ブログ

グーグルとインテレクチュアル・ベンチャーズの裁判が開始–スマホ関連特許めぐり(CNET JAPANより)

http://japan.cnet.com/news/business/35043041/

記事にありますインテレクチュアル・ベンチャーズのような会社はみなさんどう思われるでしょうか?

インテレクチュアル・ベンチャーズは、定義が難しいですが、

いわゆるパテントトロールに近いかもしれませんね。

研究を行うメーカー企業の方々からすれば、存在悪なのでしょう。

ただ、米国を含めた各国の特許制度下では、このような会社を排除することはなかなか難しいと思います。

さらに、下記:

http://japan.cnet.com/news/business/35017643/

には、「私は自分のしていることが、長期的に見れば本当に革新のためになるものだと思っている」と、

インテレクチュアル・ベンチャーズのCEOが述べていることが記載されております。

この発言も、本当にそう思っているかどうかは別にして、事実誤認をしているまでは言えないと思います。

たしかに、訴訟リスクにさらすようなインテレクチャアル・ベンチャーズのような会社があったとしても、

より強固なパテントポートフォリオを構築し事業を行えばよい、

それが産業の発達につながる、という理屈も考えられます。

なかなか厳しい世の中です。。。

日本の政策的にはプロパテント(特許重視)の方向は確実ですから、

是非、御社の特許を再度見直してはいかがでしょう。

 

 

関連記事

  1. Fリーグ
  2. 知財高裁「LADY GAGA」商標登録認めず
  3. 大手5百貨店で米ブランドのアクセサリー回収、模倣品の可能性(ニュ…
  4. あけましておめでとうございます!
  5. 特許情報フェア&コンファレンス
  6. MKRスピーカー
  7. 御礼
  8. 日本のメーカー
PAGE TOP