Loading

ブログ

おんせん県おおいた

特許事務所らしい内容ということで、商標の話。

「おんせん県おおいた」で無事商標登録されたようですね。

おめでとうございます。

「おんせん県」では「識別力なし」で拒絶理由通知を受けていました。

実際、「温泉県」を群馬県が使用していたとか。

一方で、香川県は「うどん県」で商標登録できました。

「うどん県」は他に使用した県がなかったとのこと。

なんとも微妙な判断ですが、私は「うどん県」を香川県以外の県を想像できませんでしたので、

特許庁(の担当の審査官)の判断は妥当のように思います。

ちなみに、一緒に仕事している帯包弁理士も香川県出身です。

香川では、お祝い事でうどんは欠かせないそうです。

enter_20131008_001____

大分県の商標には、風呂桶のロゴがついています。

ロゴがつくと、商標登録されやすくなります。

このロゴ、ちょっとかわいいですよね。

関連記事

  1. お盆でも休まず営業、それと新しい商標について
  2. 商標もどうぞ。
PAGE TOP